神津こども園 
神津こども園








〒664-0842
 伊丹市森本1丁目8番25号
 Tel  072-782-0200  Fax  072-782-0200
 

お知らせ

伊丹市立神津こども園のホームページへようこそ!

 

新着情報

 

日誌

子ども達の日々の遊びや生活の様子をお届けします!
12345
2019/04/19new

職員の共通理解をしています。

| by 神津こども園職員
職員会議ではさまざまな共通理解をしています。
子どものこと、給食のこと、教育・保育に関すること、議題はさまざまです。
今月はグループワークをしました。
今回の議題は『神津こども園の教育・保育目標について』です。

~心身ともに健やかな子どもの育成をめざして~
かんせい豊かな子
みらいを担う子
つながり合う子
*各項目の頭文字を取ると「かみつ」となります。

こども園には60名の職員がいます。こまやかな共通理解に努めています。


21:55
2019/04/17new

新入・進級記念写真撮影がありました。

| by 神津こども園職員
毎年、新入・進級記念写真を撮っています。
今日がその撮影の日です。
写真は0歳児クラス~5歳児クラスまで、全クラス撮影します。

乳児クラス(0~2歳児)の新入園の子ども達は、少しずつ園になれ遊び始める子どももいれば、保護者の方と離れることがさみしく泣いている子どももいます。
どちらの子どもの姿も受け止めて保育者は丁寧にかかわることを心がけています。

乳児クラスの写真撮影は、笑っている子どもも涙を浮かべている子どももいます。
それも思い出の1ページだと保護者の方が思っていただけるとうれしいです。




幼児クラス(3~5歳児)の子ども達は、カメラにポーズをとる子どもが多かったです。



「写真撮ってほしい。」と写真屋さんに声をかけている子どももいました。

写真撮影後・・・。
写真屋さんが台などを片付けている様子をじっと3歳児の子どもが見ています。



声をかけるわけでもなく、何かを聞くわけでもなく、ただじっと見ています。
このお子さんのまなざしから、写真屋さんのしていることに興味をもって見ていることが伝わります。
こういった何気ないかかわりが身近な社会や職業を知る(学ぶ)力の基礎の一つとなります。
20:45
2019/04/16new

お知らせ。

| by 神津こども園職員
つぶやきのページを1件更新しています。ご覧ください。
17:25
2019/04/15

勢ぞろい。

| by 神津こども園職員
先週、平成31(2019)年度の入園式を終え、きょうから209名の教育・保育が始まります。



上の写真のピンク色の帽子は3歳児の子ども達です。
先週入園した子ども達は遊具や玩具に興味津々だったり、保護者の方と離れることがさみしくて涙を浮かべていたりします。
ただ、みかん組(2歳児)から進級してきたクラスの子どもが遊ぶ姿を見て、遊具や玩具の使い方を真似たり、手洗いうがいを見よう見まねでしたりしています。
こども園ならではの子ども同士の刺激の受け合いです。
13:25
2019/04/12

入園式です。

| by 神津こども園職員
平成31(2019)年度の入園式がありました。
前日まで園内の準備をして、職員も今日の日を心待ちにしていました。



今日は穏やかな春の日で、青空と満開の桜が入園する子ども達をお祝いしてくれているようです。



今年度の新入園児は66名です。
平成31(2019)年4月のこども園の園児数は209名です。
今日から全員揃いました。



入園式では園長先生からのお話や職員紹介、多くの来賓のみなさまからお祝いの言葉をいただきました。



『ぐーちょきぱー』の手遊びでは、子ども達の笑顔と共に隣で一緒にしてくださっている保護者の方の笑顔が印象的でした。



こども園を代表して5歳児うみ組、そら組の子ども達がお祝いに来てくれました。



今日の5歳児の子ども達はとても緊張していたようで、お祝の言葉と歌の大役を終え保育室に戻ると、「めっちゃ緊張した。」「人いっぱいおった。」とホッとした表情を浮かべながら友達と話していました。

今年度も職員一同力を合わせ、神津こども園の教育・保育に邁進してまいります。
保護者の皆様、地域の皆様、ご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
13:15
2019/04/11

ふ~。

| by 神津こども園職員
こども園の前の桜並木から、桜の花びらがこども園の園庭に舞い落ちます。
その桜の花びらを1歳児の子どもが砂場で手に集めています。



小さな花びらを親指と人差し指でつまみ、小さな手のひらに何枚か乗せます。
そして・・・。



手のひらに乗っている桜の花びらを ❝ふ~❞ と息を吹きかけて飛ばします。
上の写真の1歳児の子どもの口が ❝ふ~❞ となっているのが見えるでしょうか。

きっと保護者の方や保育者とこのような遊びをして、それを自分でもやってみているのだと思います。
1歳児の子どもは息を吹きかけると桜の花びらが飛ばされることを知っています。
それがおもしろいと感じてやってみています。

何気ない仕草ですが、子どもの遊びには意味があり学びがあることが伝わります。
21:35
2019/04/10

平成31(2019)年度の始業式がありました。

| by 神津こども園職員

平成31(2019)年度の始業式がありました。
一つ進級した3、4、5歳児の子ども達が遊戯室に集まりました。




一つ大きくなったことがうれしく誇らしいことが子ども達の表情から伝わります。
今年度もたくさんの心弾む経験を重ね、心も体も大きく成長してほしいです。


19:05
2019/04/09

園庭もお花見。

| by 神津こども園職員
こども園の園庭にも桜の樹があります。
ソメイヨシノよりピンク色が濃く、花びらの枚数も多い桜です。
この桜の樹の種類がわからないので、今度いつも園の樹木のことでお世話になっている樹木医さんに聞いてみたいと思います。

3月末からピンクのつぼみをつけ、日々大きくピンクが濃くなっていき、桜が咲く日を心待ちにしていました。
そして今満開です。



園庭に出ると満開の桜の樹を子ども達がよく見ています。



「これ何?」「ピンク。」「きれいね。」
時には花やつぼみを取って手にしています。
子ども達は自然と保育者と言葉のやり取りをしたり笑顔を交わしたりしています。
子ども達は身近な春の自然に触れ心を動かしています。

屋上園庭から見える桜の樹も、屋上園庭の植栽も華やかに咲いています。



あちらこちらの春探しを楽しみたいです。
18:00
2019/04/08

春爛漫。

| by 神津こども園職員
猪名川河川敷の桜が満開です。
まさに春爛漫です。



神津地域の自慢の場所の一つです。

今日は5歳児の子ども達が猪名川河川敷に散歩に行きました。
前回河川敷に行ったときに「(草滑りのために)段ボールいる。」と言っていたので、今日は段ボールを持って行きました。



最初は段ボールに乗っても思うように滑らなかったのですが、繰り返すうちに体重のかけ方や体の傾け方をつかんで、びゅんびゅんと滑り始めました。
子どもは何度も繰り返す中で体得していくのですね。
段ボールから飛び出して斜面を転がると、子ども同士で笑い合っていました。
爽やかな青空のもと体を動かすと心が開放され笑顔がこぼれます。

猪名川河川敷の桜は今が見頃です。
ぜひお越しください。
20:55
2019/04/05

お花見。

| by 神津こども園職員
こども園の前に桜並木があります。
こども園の屋上園庭からは桜の木が目線の高さに見え、とても美しい景色です。
今日は5歳児の子ども達が屋上園庭でおやつを食べました。



心地よい日差しと爽やかな風のもと食べるおやつはとてもおいしかったようで、
「ここで食べたらめっちゃおいしい!」
「ここで食べたいってずっと思ってた!」
「明日も食べよう。」
と、5歳児の子ども達は心弾ませて話していました。


この場所で食べているには理由があります。
保育者はシートを敷くときに子ども達にこう投げかけました。
「桜がよく見えるところに敷いてね。」

そして子ども達が選んだ場所はここです。
上の写真は一見すると桜がよく見えるのですが、いざ子ども達がシートに座っておやつを食べ始めると・・・。



実は壁で桜があまり見えないのです。
子ども達が歩いて場所を探していたときには、きっとこの場所の桜がよく見えたのでここを選んだのだと思います。



「次はあっちのギザギザ(柵)の方にする。」と言っている子どもがいました。
考えて、試して、また新たな考えを持つ。
子ども達はさまざまな場で試行錯誤をしていることがわかります。

こども園の屋上園庭は四季折々の自然が感じられる自慢の場所です。
21:55
12345