神津こども園 
神津こども園
 

Welcome to 神津こども園!!

ようこそ!神津こども園のホームページへ!
楽しい園舎♪
 

日誌

子ども達の日々の遊びや生活の様子をお届けします!
12345
2017/03/27new

お知らせ。

| by 神津こども園職員
つぶやきのページを1件更新しています。
ご覧ください。
19:20
2017/03/24new

お知らせ。

| by 神津こども園職員
つぶやきのページを1件更新しています。
ご覧ください。
17:20
2017/03/23new

10年先、20年先の園庭・・・。

| by 神津こども園職員
園庭に樹を二本植えました。
一本は大きなトチノキです。



3メートルほどある大きな樹です。

もう一本はコナラ(小さなドングリ)の樹です。



この二本の樹がどんどん大きくなり、たくさんの実を付ける日が楽しみです。
きっと園庭の環境が豊かになると思います。

こども園の園庭に樹を植えると園庭が狭くなり、子ども達の活動が制限されてしまうのではないかと思われるかもしれません。
そこで職員間で子どもの遊びや動きを考えて、どこに樹を植えるかを決めました。

こども園には2階ウッドデッキがあります。
さらに小学校庭も、いつでも使っていいよと言っていただいています。
子ども達が存分に体を動かして遊ぶことのできる場所はたくさんあると考えています。

園庭に樹を植えることにより、子ども達は四季を見たりさわったりして感じることができます。
春には花を咲かせ、初夏には緑の葉を茂らせ、夏の暑い日差しの中に木陰をつくり、秋には葉を紅葉させたり実を付けたりし、冬には寒さの中にも春を待つ命を感じさせる。
子ども達の豊かな心を育むために、自然に存分にふれることは幼児期に重要なことの一つです。

これから10年先、20年先の子ども達の成長を、この樹々がずっと見守ってくれることと思います。


ちなみに・・・。
こども園が開園した年に植えたモクレンが、今年もつぼみを付けています。



モクレンの花が咲く頃には、子ども達は一つ大きくなりたくましくなった姿を見せてくれることでしょうね。

そしてもう一本、シャラノキの葉が芽吹いています。



春を迎えた樹々たちから、命の力強さを感じます。
19:55
2017/03/22

こんな遊びも。

| by 神津こども園職員
築山で1歳児が遊んでいます。
やっと自分の力で築山に登ることができるようになったことがうれしくて、1歳児の子どもはよく登っています。

先日はこんな姿がありました。



築山ではいはいをしています。
一人が這い始めると、周りの1歳児の子どももはいはいの姿勢になりました。



『築山にいるときははいはい。築山から降りて歩く。』ということを繰り返していました。
そしてしばらくして、築山を腹ばいになって滑り降りるということを始めました。



自分の力ではなかなか滑ることができないので、近くにいた1歳児の子どもが引っ張っています。

何度も何度も滑り降りていたので、服は砂だらけです。




そこへ偶然居合わせた3歳児の子どもが「◯◯ちゃん、汚れてるで。」と、服に付いた砂をはらってくれました。



すると・・・。
1歳児の子どもは、突然はいはいをやめて歩いて築山を降りていきました。
こんなにも服が汚れていることに気づいて驚いたのでしょうか(笑)。

子どもの遊びは創造的でおもしろいですね。
17:55
2017/03/21

お知らせ。

| by 神津こども園職員
日誌1件、つぶやきのページを1件更新しました。
ご覧ください。
20:05
2017/03/21

恒例の・・・。

| by 神津こども園職員
昨日は春分の日でした。今日から昼が段々と長くなりますね。
『春分の日』ということばや、『昼が長くなる』ということを知っている5歳児が、「今日から昼が長いねんで。」と教えてくれました。
5歳児の子どもが自ら社会事象にかかわる力が育っていることを感じました。

今日は学期毎の保育室の床のワックスがけをしました。
いつものように一列に並んで、床の汚れをとっていきます。



雑巾とスポンジを使い分けて、小さな汚れも拭き取ります。



ワックスは2度がけします。
今日はあいにくのお天気だったので、ワックスが乾くのにいつも以上の時間がかかりました。
太陽の力をこのようなところでも感じました。



写真でもワックスをかけたピカピカが伝わりますね。
19:35
2017/03/17

修了式がありました。

| by 神津こども園職員
平成28年度修了式があり、3、4歳児の子ども達と、今日は2歳児の子ども達も会に参加しました。



4月からの進級に心を弾ませている子ども達は、「もうすぐ何組になるの?」という保育者の言葉に、「◯◯組!」と口々に答えていました。
小さい子ども達にもわかりやすいように、クラス名のボードを使いました。これも教育保育の工夫の一つです。



幼児(3~5歳児)で集まるときには、いつも5歳児がいすに座って参加していました。
今日は、4月からの5歳児である4歳児がいすに座りました。
いつもお兄さんやお姉さんがしている姿を見てきたので、“今度は自分達ができることがうれしい!”という、喜びいっぱいの気持ちが感じられました。
いすに座ること一つも、子ども達の心を弾ませる要因の一つですね。




パネルシアター『ゆうきをだして』を見ました。
春を心待ちにしているお話でした。



みんなで『はるがきたんだ』を歌いました。
季節はもうすっかり春ですね。



次にこども園に子ども達がそろう頃、一つ進級した子ども達がどのような表情を見せてくれたり、友達とどのようなかかわりをしたりするのかが今から楽しみです。
今感じている進級への期待が、4月からの遊びの意欲につながるように、園内の環境を整えていきたいと思います。
19:55
2017/03/16

お知らせ。

| by 神津こども園職員
日誌1件、つぶやきのページを1件更新しています。
ご覧ください。
19:35
2017/03/16

卒園式がありました。

| by 神津こども園職員
今日は5歳児の子どもの卒園式でした。
この学年の子ども達は、行事の度にお天気の心配をすることが多かったのですが・・・。
今日は暖かくいいお天気でホッとしました(笑)。



クラスみんなで集まる最後の会です。子ども達の心も卒園式に向けて整いました。




平成28年度保育修了証書授与式が始まりました。
今日の子ども達のお祝いのために、保護者のみなさま、地域のみなさまがたくさん来てくださいました。



園長先生より修了証書をいただきました。
子ども達からは、“修了証書をもらえることがうれしい!”との気持ちが伝わってきました。
こども園でたくさん遊んで、心も体も大きく成長した子ども達は輝いていました。



園長先生のお話を聴きました。
園長先生のお話にあった、『自分のことが大好き』『魔法の言葉「ありがとう」「ごめんなさい」』を、いつまでも大切にしてくれることを願っています。



4歳児の子ども達がお祝いの言葉をくれました。
「こども園のことは、僕たち私達に任せてください!!」




5歳児の子ども達の『お別れの言葉』には、こども園で過ごした思い出がつまっています。
歌も心を込めて歌っていました。







クラスの保育者やこども園の子ども達にお祝いされて、62名の子ども達が無事に巣立っていきました。
こども園で過ごした日々を、友達と一緒に遊んだことを、ずっとずっと覚えていてくれるとうれしいです。
子ども達はこれからも大きく羽ばたいてくれることと信じています。
19:15
2017/03/15

明日は・・・。

| by 神津こども園職員
明日はいよいよ5歳児の子ども達の卒園式(保育修了証書授与式)です。
今日は最後の卒園式の練習がありました。

自信をもって式に臨む子ども達の姿に、目頭が熱くなる毎日です。









明日は子ども達一人一人が輝き、参加されるみなさまの心に残る式となりますように・・・。


20:15
12345