神津こども園 
神津こども園








〒664-0842
 伊丹市森本1丁目8番25号
 Tel  072-782-0200  Fax  072-782-0200
 

お知らせ

伊丹市立神津こども園のホームページへようこそ!

 

新着情報

 

日誌

子ども達の日々の遊びや生活の様子をお届けします!
12345
2019/09/20new

どこから来たの?

| by 神津こども園職員


廊下の天井を見てみると・・・。



廊下の壁と天井の角にバッタがいます。
保育者が見上げていると、その場所通る子どもも一緒に見上げます。



「何見てるん?」
「何してるん?」
「あ、バッタがいる!」
「どっから来たんやろう。」
「バッタさ~ん!」
(声をかけても少しも動かないバッタに)「聞こえてないのかな・・・。」

草の場所にいるはずのバッタが室内にいることで、子どもの興味につながっています。

そして夕方・・・。
バッタは少し場所を変えてまだ室内にいました。
それに気づいた5歳児の子ども達は園庭から虫取り網を持ってきました。



「逃がしたらな。」
「誰か網持って来て。」
「外に虫取り網あるで。」

バッタを戸外へ逃がすための方法を、自分達の知っている道具や場所を使って考えて子ども同士で共有しています。
生命尊重、協働性、言葉による伝え合い等、ほんの少しの時間ですが子ども達のさまざまな学びが見られるひとときでした。

バッタは5歳児の子ども達が無事に園庭へ逃がしてくれました。
19:15
2019/09/19new

中秋の名月の続き・・・。

| by 神津こども園職員
中秋の名月の日に5歳児クラスの子ども達は話を聞きお月見団子を食べました。
そして今週・・・。

「お月様見えた。」
「お月様、3回見た。」
「次の日は真ん丸やった。」
「ウサギも見えた。」

心を動かした子ども達はご家庭でも中秋の名月にちなんだことにふれてさらに多くのことを感じたようです。

実は中秋の名月は満月ではなく、次の日が満月なのです。
「次の日は真ん丸やった。」と言っていた子どもはこのことを覚えていて、次の日にも見たのだと思います。

そして「ウサギも見えた。」子どもは、「お母さんが双眼鏡かしてくれた。」とも言っていました。

子ども達の興味や関心がご家庭とつながっていることがうれしいです。
20:55
2019/09/18new

おんぶしてない。

| by 神津こども園職員
3歳児の子どもに呼び止められました。

子ども「今日はおんぶしてへんの?」
保育者「おんぶ?誰のおんぶ?」
子ども「あかちゃんやん。(保育者の背中を見て)今日はおらんもん。」

保育者が時々0歳児の子どもをおんぶしている様子を覚えていてこう聞いたようです。
声をかけてくれた3歳児の子どもと保育者は、おんぶをしている0歳児のことなどおんぶについての話をこれまでしたことはありません。
でも園内でおんぶをしている姿を見て心に留めてくれていたのだと感じます。

子どもは周りの様子をよく見ていますね。
20:15
2019/09/17new

シルバーフェスティバル。

| by 神津こども園職員
15日(日)にお隣のケイ・メゾンときめきでシルバーフェスティバルがあり、こども園の4、5歳児クラスの子ども達が参加しました。



たくさんのお客様が来てくださって、舞台に上がると少し緊張した子ども達の表情が見られました。
歌「虫の声」「しょうじょうじのたぬきばやし」を歌い、手遊び「ごんべさんのあかちゃんがかぜひいた」を会場の皆さんとしました。



実はリハーサルでも舞台に上がったのですが、リハーサルの時は元気いっぱいでした。
緊張感を持つことも成長の姿の一つですね。


19:25
2019/09/13

中秋の名月。

| by 神津こども園職員
今日は中秋の名月です。
こども園では5歳児クラスが中秋の名月の話を見聴きしました。



『つき』の2番の歌詞に「すみ」という言葉があるのをご存知ですか?
「すみ」は「墨」のことです。
「隠れた雲に 黒い黒いまっ黒い 墨のような雲に」
この歌詞の中の「墨」が子ども達に伝わるように、担任は墨汁を用意して字を書いて見せました。



初めて墨や習字に出会う子どもが多くいました。
小学校の習字の授業の時に、今日の出来事を思い出してくれるでしょうか。

そしてみんなでお月見団子を食べました。



日本の四季を大切にした行事を子ども達に伝えていきたいです。



さらにお昼過ぎ・・・。
雲の合間に太陽が見えました。
5歳児の子ども「見て!太陽が見える。」
夜には空が晴れてお月様が見えることを願う気持ちが伝わります。
22:55
2019/09/12

敬老参観日でした。

| by 神津こども園職員
もうすぐ敬老の日ということで、敬老参観がありました。
園児のおじいさん、おばあさん、ときめきのゲスト(利用者)の方がたくさん来てくださいました。
子ども達の歌を聴いていただいたり。



おじいさん、おばあさんのお名前をうかがったり。



オセロゲームを応援してもらったり応援したり。



保育室で一緒に遊んだり。





園庭や屋上園庭でいつもしている好きな遊びを一緒にしたり。



来てくださったみなさんがご自身のお孫さんだけでなく多くの園児と一緒に遊んでくださり、子ども達はとてもうれしそうでした。
降園の時に、おじいさんに新聞紙で作ってもらったかぶとをかぶって帰っている子どもがいました。
保護者の方に、「これおじいちゃんに作ってもらってん。ずっとかぶっとくねん。」と笑顔で話していました。
一緒に遊んでうれしかった気持ちが伝わります。

おじいさんおばあさんと一緒に心温まるひと時を過ごすことができました。
来てくださったみなさま、ありがとうございました。
19:25
2019/09/11

同じじゃない。

| by 神津こども園職員
5歳児の子ども達がカプラという積み木を積んでいます。
積んでいる5歳児の子どもによると・・・。
「これ同じちゃうで。ここんとこ(下の写真上部あたり)はカラフルになってるねん。」



見てみると積み木を縦に積んでいたのを、一定の部分だけ平積みにしていることを『カラフル』と表現しているようです。
積み木に意図的にアクセントを付けているのですね。
思考力、表現力、さまざまな学びを感じる一場面です。
19:25
2019/09/10

入りたい!

| by 神津こども園職員
箱車を0歳児の子どもが押しています。
しばらくすると・・・。



箱車に入っていました。
狭いところや空間があれば入りたくなるのですね。

「◯◯ちゃん、入ったね。」と声をかけると、声をかけた保育者に笑顔を向けていました。
入ることができてうれしい、満足、という気持ちが伝わります。
20:15
2019/09/09

お知らせ。

| by 神津こども園職員
むっくむっくルームのページを1件、つぶやきのページを1件更新しています。
ご覧ください。
19:20
2019/09/06

発見!

| by 神津こども園職員
「大発見!」と4歳児の子どもが職員室にやって来ました。
「黒いのは熱い。お湯みたい。」
どういうことかわからず、案内されるままついて行ってみると・・・。



花や草で作った色水です。
色の濃い色水が太陽の光を受けて温まっていました。
同じ水でも色の濃いものが熱くなると気が付いたようです。
科学の芽ですね。
20:15
12345