神津こども園 
神津こども園
 

Welcome to 神津こども園!!

ようこそ!神津こども園のホームページへ!
楽しい園舎♪
 

日誌

子ども達の日々の遊びや生活の様子をお届けします!
12345
2016/09/23new

体操の練習がありました。

| by 神津こども園職員
10月8日(土)に神津こども園『大きくなったDay~みんなで体を動かそう!~』があります。神津こども園の運動会は、今年度より『大きくなったDay』となりました。
(『大きくなったDay』については、下記の手紙をご覧ください。)

『大きくなったDay』では、子ども達だけでなく参加してくださる保護者の皆様や地域の皆様と一緒に、体を動かす楽しさを味わい、さらに「楽しかった!」「がんばった!!」という思いを子ども達と共感していただきたいと考えています。

今日は早速体操の保護者練習がありました!

首をしっかり曲げます。腕を伸ばして!

体操の練習は、保護者のみなさんのご都合のよいときに参加していただけるように、お昼と夕方の2回あります。
準備体操『キラキラ光れ』、リズム『伝説の中華』、フォークダンス『ハローマイフレンズ』の3曲を踊りました。

保護者のみなさんは「疲れた~。」と言いながらも、すがすがしい笑顔で参加してくださっていました。
体を動かす心地よさを存分に味わっていきたいですね。

ちなみに『伝説の中華』は某動画サイトにも映像がアップされています。もしよければ、ご家庭でも子ども達とごらんになって自主練をしてください(笑)。

体操の練習は、9月28日(水)、10月5日(水)にもあります。ぜひご参加ください!!

フォークダンス♪
19:35
2016/09/21new

秋ですね。

| by 神津こども園職員
この体操おもしろい!しっかり手を伸ばそう。

戸外でも過ごしやすくなり、子ども達は活発に遊んでいます。
いろいろな体操の曲を用意して、音楽に合わせて体を動かすことを楽しんでいます♪


登れたよ!お兄ちゃん達ができるなら、ぼくもできる!

1歳児の子ども達が固定遊具や跳び箱に挑戦しています。
これまでは年上の友達が取り組んでいる様子を見ていることが多かったのですが、気持ちも体力も整った今、全力で取り組んでいます。
1歳児は歩行が確立され、体幹ができてきます。腕で支えることや、思った通りに体を動かすことができるようになり、遊びの中でさまざまなことに挑戦することが増えます。
ただ自分で加減することは難しいので、見ているこちらはひやひやする時もあります。
子どもが「登りたい!」と言っているとき全てに、大人が手伝うわけではありません。一人一人の今の育ちを見極めて支えるようにしています。

これから、1歳児の子ども達の「やってみたい!」が楽しみです♪
19:30
2016/09/20new

バッタの表示。

| by 神津こども園職員

昆虫館の学芸員さんに教えていただいたことを、5歳児の担任が掲示物にしました。
このように視覚で分かるようにすることで、教えていただいたことの内容が子ども達の中に積み重なっていきます。
ひらがなが読めない子どもも興味をもって、保育者に「なんて書いてあるの?」「これ、言ってたなぁ。」と聞いたり言ったりしながら見ていますよ。

昆虫館の学芸員さんに聞きました。バッタの仲間。


18:45
2016/09/20new

シルバーフェスティバルに参加しました。

| by 神津こども園職員
舞台の上で歌いました。

9月18日(日)にときめきで行われた『シルバーフェスティバル』に、4、5歳児が参加しました。
『とんぼのめがね』『肩たたき』『虫の声』を歌いました。
子ども達は、舞台に上がる緊張感と観客の皆さんに拍手をもらううれしさで、はにかんだ笑顔を見せていました。

トントン♪肩たたき♪

『肩たたき』の歌のときには、5歳児が客席のおじいさんやおばあさんの肩をトントンとしました。

たくさんの方に見ていただいて拍手をもらって、子ども達にとってもうれしいひとときとなったと思います。
18:00
2016/09/16

昨日は中秋の名月でした。

| by 神津こども園職員

こども園の保育室の環境は、子ども達がその季節にちなんだ社会や自然事象を見たり聴いたりすることで、遊びの中で興味関心を持ってほしいと願って作られています。

昨日の中秋の名月も、保育室には月の写真を飾ったり図鑑や絵本が置いてあったりします。

お月さまコーナーです。


「昨日、お月さま見えた?」と子ども達に尋ねると、昨日のあいにくの天気で月が見えなかったと答える子どもが多くいました。

雲の切れ間に月が見えた子どもは、「お月さまが雲に乗ってた。」と月がおぼろげな様子を言葉で表現していました。

月にちなんだ4歳児の子どものつぶやきです☆
保育者「お月さま見えた?」
子ども「伊丹に来なかった。」
月が見えなかったことが伝わりますね(笑)。


20:45
2016/09/15

敬老参観がありました。

| by 神津こども園職員

今日は年に一度の敬老参観がありました。
子ども達のおじいさんやおばあさん、ひいおじいさんやひいおばあさんが、子ども達と遊ぶことを楽しみに来てくださいました。

幼児クラスの敬老参観の様子をお伝えします。

みんなでごあいさつです。

今日は子ども達みんなのおじいさんやおばあさんとして、子ども達と遊んでくださいました。

まずはおじいさんやおばあさん達のお名前をお聞きしました。
中には遠く大分や福島から来てくださった方もいらっしゃいました。


肩たたき♪ここをトントン♪

『肩たたき』の歌に合わせて、子ども達がおじいさんやおばあさん達の肩をたたきました。
子ども達の肩たたきで、肩の凝りはほぐれたでしょうか?(^0^)


ここを折るよ。次はどのカルタ?
みんなで一緒に。どのカードかな?
カプラをもっと積みたいから抱っこして!


保育室では、折り紙、紙てっぽうづくり、カルタ、けん玉、お手玉、積み木など、さまざまな昔遊びを用意していました。
おじいさんやおばあさん達は、子ども達に分かりやすく教えてくださったり子ども達のリクエストに応えてくださったりと、子ども達にとって楽しい時間となりました。
どの子ども達にも優しく遊んでくださり、子ども達の心が「見守られている。」という気持ちであふれたと思います。

子ども達と一緒に遊んでくださっているおじいさんやおばあさんの笑顔も輝いていました☆


最後は5歳児手作りの『コスモスのペンダント』をプレゼントしました。

みんなで作りました☆


また来年、子ども達と一緒に過ごしていただけることを楽しみにしています!!


18:30
2016/09/14

虫捕りのその後・・・。

| by 神津こども園職員
子ども達が猪名川河川敷に虫捕りに行ってから、約一週間が経ちました。

最初はバッタにふれあうこと、バッタを観察することに夢中だった子ども達。
時間と共に遊びは少しずつ変化しています。

今は、虫捕りやバッタとふれあって感じたことを、さまざまな形で表現しています。


〈バッタの身体表現〉
バッタになりきって。

見たバッタになりきって遊んでいます。
異年齢児でもバッタの世界のイメージを共有できるように、全てのクラスで『バッタのぴょんこちゃん』の絵本を読みました。

偶然緑色の服を着ていた保育者を見て、「草や~、食べちゃおう!」と食べようとしていました(笑)。


こっちに付けたい。模様を描こう。

遊ぶ中で、自分の羽根を作りたくなった4歳児の子どもが、製作コーナーへ行ってオリジナルの羽根を作っています。
どうやって羽根を付けるか、どこに羽根を付けるか、どんな模様にするかなど、一人一人の羽根ができあがっていました。

バッタごっこでは、身体表現だけでなく、このようにどいやったらイメージを形できるかということも学んでいます。


〈バッタ作り〉
触角を塗って・・・。
カマキリの顔!カマキリの足を付けよう。

5歳児はのバッタづくりはまさに創意工夫です。
大きなバッタを作る子ども、カマキリを観察しながらできるだけ同じように作ろうとする子ども、友達と協力して一つのバッタを作る子ども。
作り上げる物はそれぞれですが、自分のイメージを膨らませて取り組んでいます。

保育者は作り方をアドバイスするのではなく、子どものイメージを形にできるような素材を用意したり子どもが作る過程をしっかり見守ったりしています。


ぼく達もつくりたい!!バッタ!


3歳児は、4、5歳児がバッタを作る様子をよく見ています。
同じような素材を持ってきて作り始めました。
できあがると、「できた!」ととてもうれしそうに保育者に見せてくれます。


〈作った物で遊ぼう!〉
作ったバッタで遊んでいます。

上の写真は3歳児の子ども達です。
それぞれが作ったバッタを持ち寄って、作ったバッタを動かしながら自分もバッタになりきって遊んでいます。
「こっち来て!」「水飲むよ。」など、子ども同士でバッタの世界の中で遊んでいます。
そのやりとりが何とも可愛らしいんですよ。

作った物を使って遊ぶ満足感や、友達と一緒に遊ぶ楽しさ、イメージを共有するおもしろさ、さまざまなことを味わっています。


作った物を飾る机です。

作った物を飾る場所です。
子ども達のバッタのイメージが明日もつながるように、机を緑の布やビニールで覆っています。
19:00
2016/09/13

メダカメダカ(・))<<

| by 神津こども園職員
どこ?ここにいた!!

夏にいただいたメダカが新しい卵を産み、その卵からメダカのあかちゃんが生まれました♪
とても小さなあかちゃんなので、子ども達はびんの中をじっと見て探しています。

「いたっ!」「どこ?」「あれ?消えた?」「これがお母さん?」
小さなメダカに愛着をもって見ていました。
命のつながりを感じている姿も見られました。


メダカの水槽。

こども園の玄関にはメダカの水槽が3つあります。
左から、お母さんとお父さんメダカ → お姉さんお兄さんメダカ → あかちゃんメダカです。

子ども達は必ずすべてのケースを見ています。
メダカの大きさの違いや成長の度合いを、子ども達なりに感じています。

手前の円柱のびんに、昨日生まれたメダカがいます☆

「全部で何人家族?」と聞いている子どもがいました!
19:15
2016/09/13

避難訓練がありました。

| by 神津こども園職員
みんなで集まれたね。


避難訓練では0、1歳児も避難します。
今日の0、1歳児の避難場所は、プレールームでした。

『避難する』とはどういうことかはまだまだ分かりませんが、保育者の話を聞くこと、落ち着いて行動することはこのような経験によって積み重ねられていきます。

むっくむっくルームへ遊びに来ていた親子さんも、一緒に避難訓練に参加しました。
18:30
12345