神津こども園 
神津こども園
 

Welcome to 神津こども園!!

ようこそ!神津こども園のホームページへ!
楽しい園舎♪
 

日誌

子ども達の日々の遊びや生活の様子をお届けします!
12345
2017/09/21new

お知らせ。

| by 神津こども園職員
日誌を2件、つぶやきのページを1件、食育のページを2件更新してます。
ご覧ください。
19:45
2017/09/21new

スポーツの秋。

| by 神津こども園職員
今朝は秋風が爽やかでした。



『暑さ寒さも彼岸まで』とはよく言ったものですね。

園庭では体を動かす遊びが増えています。
子ども達が遊びに興味を持ちやってみることで、意欲的に体を動かしたり、❝体を動かす心地よさ❞を感じてほしいと願っています。









虫捕りから始まったバッタを通した遊びを子ども達が取り組みながら、心地よい季節に意欲的に体を動かすことができるようにも保育者は環境を整えます。
こども園の教育・保育は、このように遊びが少しずつ重なって進んでいくのです。

異年齢の子ども達の姿もいろいろなところで見られます。



大縄をまわそうとしている子どもは1歳児の子どもです。
大縄を跳ぼうとしているのも1歳児の子どもです。
横にいる5歳児の子どもは、そんな年下の友達の様子を見て大縄の順番を待ってくれています。

こども園の自慢の2階ウッドデッキがとても心地よいです。


19:25
2017/09/21new

この日が来ました!

| by 神津こども園職員
今年度の『大きくなったDay ~みんなで体を動かそう~』がやって来ました。
神津こども園は運動会という名前では取り組んでいません。
大きくなったDayをお子さんの成長を感じていただくとともに、参加してくださるすべてのみなさんも園児と一緒に体を動かす楽しさを味わっていただき、その思いを子どもたちと共感していただきたいと考えているからです。

今日はその準備体操やダンス、フォークダンスの保護者の方の練習がありました。
お昼と夕方の2回行い、できるだけ多くの保護者の方が参加しやすいようにしています。

4、5歳児の保護者の方は経験を積んでいるので、あらかじめ荷物を置くなどと準備はばっちりです。

保護者の方達がいきいきのびのびと体を動かしてくださり、笑顔が輝いていました。









園児のきょうだいの子ども達も楽しそうです。



音楽に合わせて体を動かすと、おもわず笑顔になりますね。
19:05
2017/09/20new

お知らせ。

| by 神津こども園職員
日誌を1件、つぶやきのページを1件更新しています。
ご覧ください。
19:15
2017/09/20new

心が弾んでいます②

| by 神津こども園職員
3歳児の子どものバッタを通した遊びを追いかけました。

画用紙に切ったりちぎったりした緑色の画用紙を貼り、目や口を描き込み、バッタを作っています。

①今日出来上がったものを担任のところへ持って行き、「(前に作った自分のものに)くっつけたい。」と伝えています。



②二つをつなげようと、5cmほどのテープを貼っています。



③テープでもはることはできますが、担任はのりを使って貼り合わせるという経験をしてほしいと願い、「のりではってみよう。」と子どもに投げかけました。
保育者は子どもに経験してほしいことや獲得してほしいことを常に考えて、声をかけています。
今回の場合のように具体的な方法を提示したり、子どもが選択できるような投げかけをしたり、友達の姿に気づくことができるような声かけをしたりと、子どもの発達段階に応じてかかわっています。
保育者の一つ一つのかかわりには意図があるのです。



④二つの作品がつながったこと、満足いくようにできたことがうれしくて、3歳児の子どもは隣のクラスの保育者にも「見て!」と見せています。




⑤そしてまた別の保育者にも。



⑥部屋中の保育者に見せたのではないかというほど、「見て。」と自分の作品を持って回っていました。
見せるたびに保育者に声をかけられ、3歳児の子どもの心はさらに弾んでいました。
そして十分に満足したようで、作ったものを自分で棚の上に置きました。

3歳児は・・・。
『自己を十分に発揮することと、他者と強調して生活していくという、人が生きていく上で大切なことを、子どもはこの時期に学び始めている。』と言われています。
満足いくまで遊びこみ、信頼する人(保護者の方や保育者)に共感してもらったことで『自己肯定感』が育まれます。

ちなみに・・・。
神津こども園の3歳児の『ほし組』『つき組』という名前には、「十分に自己を発揮し輝いてほしい」という願いが込められています。
自己を十分に発揮している3歳児の子どもの姿を見ることが楽しみです。
19:05
2017/09/19new

心が弾んでいます①

| by 神津こども園職員
バッタを通した遊びの姿を追いかけてみました。

①4歳児の子どもが、紙皿、色画用紙、モール、ストローを使いバッタを作っています。



②「こっちは、頭。」とイメージしながら目や口を描き込みます。



③出来上がったものを持って部屋を移動しています。
作ったバッタを跳ばしているようです。
バッタと同じくらい、子どもの心が弾んでいます。



④「おなかへったなぁ。」と言って草を食べています。
自分が作ったバッタになりきって遊んでいるようです。



⑤隣にいた5歳児の子どもに、「いいのできたでしょ!」と話しかけています
5歳児の子どもは「ほんまやぁ。」と答えていました。
普段かかわっている姿をあまり見ない二人ですが、4歳児の子どもの❝自分のうれしい思いを伝えたい!❞という心が、相手(隣にいた5歳児の子ども)に伝えるという行動につながったのだと思います。
5歳児の子どもも、4歳児の子どもがうれしそうに楽しそうにしていることが伝わったので、共感する言葉が出たのでしょうね。


心を弾ませて遊ぶことで、表現すること、相手に伝えること、共感すること、満足すること、さまざまな学びや心の育ちを子ども達は獲得しています。
乳幼児期の子ども達にとってこのような遊び(学び)は大きな意味があります。
そして保育者がこの子どもの心の動きや姿を捉えることで、さらに子どもが学ぶ環境をつくることができるのです。

こども園の中で、毎日変化する環境を見つけてみてください。
19:55
2017/09/15

シティフィルのみなさんが来てくれました。

| by 神津こども園職員

今日は伊丹シティフィルハーモニーの『アミューズブラスアンサンブル』のみなさんが来てくださり、素敵な演奏を聴かせてくださいました。




トランペット、ホルン、トロンボーン、チューバの金管楽器の音の大きさに驚いている子どももいましたが、次第に音楽の魅力に引き込まれていました。



演奏している姿を、思わず真似ている子どもがいました。






「じゃんけんぽん!」






最後にみんなでお礼の『むしのこえ』を歌いました。



音楽に心弾ませたひとときでした。


21:15
2017/09/14

お知らせ。

| by 神津こども園職員
日誌を2件、食育のページを1件更新しています。
ご覧ください。
21:15
2017/09/14

敬老参観がありました。

| by 神津こども園職員
敬老参観がありました。
子ども達のおじいさんやおばあさんが、こども園に遊びに来てくださいました。
参加してくださったみなさんはご自身のお孫さんとだけでなく、周りの子ども達みんなのおじいさんやおばあさんとしてたくさん遊んでくださり、子ども達の笑顔がはじけていました。
ありがとうございました。

一緒に『虫の声』を歌いました。




保育室の好きな遊びでは、カードゲーム、折り紙、新聞紙、積み木、けん玉、お手玉など、子ども達と一緒に盛り上がりました。











おばあさんお二人で協力して、新聞紙で見事な洋服を作ってくださいました。




遊戯室でオセロゲームをしました。
オセロの大きい盤だと思ってください。自分のチームの色に駒をひっくり返します。



子ども達の次はおじいさん、おばあさんの番です。
「がんばるぞ~!」



子ども達も力いっぱい応援しています。









同じチームのおじいさん、おばあさんとゲーム後にお互いの健闘をタッチでわかちあいます。






肩たたきでほっこりタイムです。





みんなで『ワッショイいたみ』を踊ります。



ケイーメゾン・ときめきのゲストの方も来てくださいました。



会の最後に5歳児が作ったペンダントをプレゼントしました。
とても喜んでくださり、子ども達の気持ちも満たされていると感じます。





5歳児の子ども達に「敬老の日ってどんな日か知ってる?」と聞くと、「おじいちゃんとかと一緒に遊ぶ。」と答えていました。
正しい意味はまだ知らなくても、一緒に交流することで相手(おじいさん、おばあさん)を大切に思う気持ちが育っています。
21:10
2017/09/14

練習中。

| by 神津こども園職員
10月に神津こども園の『大きくなったDay~みんなで体を動かそう~』があります。
そのときにする予定の体操やリズム、フォークダンスの練習を職員でしています。



子ども達と同じように、リズムに合わせて体を動かすことが楽しそうです(笑)。
20:55
12345