神津こども園 
神津こども園








〒664-0842
 伊丹市森本1丁目8番25号
 Tel  072-782-0200  Fax  072-782-0200
 

お知らせ

伊丹市立神津こども園のホームページへようこそ!

 

新着情報

 

日誌

子ども達の日々の遊びや生活の様子をお届けします!
12345
2019/05/24new

視力聴力検査。

| by 神津こども園職員
今週は4、5歳児クラスが健康支援員による視力聴力検査がありました。



子どもの健康に関することの早期発見に努めます。
子どもにわかりやすいような健康支援員の工夫があります。



子ども達は約束を守って検査を受けます。
子ども達がわかりやすいように保育者は考えます。





検査を終えた子どもはなんだか誇らしげでした。
20:45
2019/05/23new

お知らせ。

| by 神津こども園職員
つぶやきのページを更新しています。ご覧ください。
20:15
2019/05/22new

お知らせ。

| by 神津こども園職員
日誌を1件、むっくむっくルームのページを1件更新しています。
ご覧ください。
19:25
2019/05/22new

雨上がりでなくても。

| by 神津こども園職員
今日も暑い一日でした。
暑いときは水が心地よく、雨上がりでなくても水の近くに子どもが集まります。



水やりをしているのですが、水を触っている時間のほうが長いです(笑)。

こちらは摘んだパンジーやビオラをフラワーベースに入れています。



鮮やかな花の色がきれいです。
水の心地よさや草花の美しさ、この時期ならではの自然環境です。
19:20
2019/05/21new

雨上がりには。

| by 神津こども園職員
雨上がりの園庭は子ども達が心弾む場所がいたるところにあります。



園庭に出ると水たまりの周りに子ども達が集まります。

たらいに溜まった水がうっすら黄色に見えます。



3歳児の子ども「なんで黄色?」
保育者「なんでやろうね。」

なぜ黄色なのかわかりませんが、確かに黄色っぽかったです。
子どもの着眼点はするどいですね。
21:55
2019/05/20

1号認定子どもの降園場面。

| by 神津こども園職員
3歳児クラスの1号認定子どもはほぼ新入園児です。
4月の入園以来、様々な園の生活仕方を子ども達一人一人に伝えています。

1号認定子どもは決まった時間に一斉に降園します。
例えば降園のときは4月当初から並んで待つのではなく、子ども達が待つ場所がわかりやすいようにマットを敷いてその上に座っていました。

こういった経験を積み重ね、3歳児の子ども達は今日から園庭に並んで保護者の方の帰りを待つようになりました。



3歳児の子どもの隣には5歳児のお兄さんやお姉さんがいます。
3歳児の子ども達は5歳児のお兄さんやお姉さんと手をつなぐことがうれしくて、盛んに話しかけている子どもが多くいました。

5歳児の子どもも3歳児の子どもと手をつなぐことがうれしく誇らしく、小さい友達の身だしなみを見たり話しかけられることをうんうんと聞いたりしています。

こうやって3歳児の子どもは5歳児の姿をモデルとして、降園時の並び方や生活に必要な態度を学んでいきます。



実はこの並び方、先日ホームページの避難訓練でお伝えした『決められた並び方』です。
いついかなる時も普段と同じ行動ができるように積み重ねています。
何気ない中に様々な学びの場や異年齢の関わりがあります。
19:15
2019/05/17

市役所のクスノキ。

| by 神津こども園職員
伊丹市役所が建て替えをするにあたり、市役所の前のクスノキを切っています。
切ったクスノキをこども園にいくつかいただきました。



輪切りにしていすにしたり長いまま使いベンチにしたり、細いものは製作の素材として使う予定です。

なかなかない太い大きな樹です。
存分に触れて遊んでいきたいです。
20:15
2019/05/16

月に一度の避難訓練。

| by 神津こども園職員
火災の避難訓練がありました。



新入園の3歳児の子どもは初めて園庭に避難します。



園庭での並び方(クラスの順)は決まっています。
いつでもどこでも同じ行動をとることができるようにするためです。

今日は防災頭巾のかぶり方も確認しました。
この防災頭巾、かぶる向きやゴムの位置など少し考えなければいけません。
かぶり方を聞いた5歳児の子どもは、隣の3歳児の子どものかぶり方も見ていました。

ご家庭でも避難時の身の守り方などの話をぜひしてみてください。
20:05
2019/05/15

不思議なこと。

| by 神津こども園職員
こども園のメダカは2種類います。
ヒメダカ(薄いピンク色)とクロメダカ(黒色)です。

<ヒメダカ>



<クロメダカ>



どちらもいただいたメダカ達がすくすくと育っています。
ある日クロメダカの水槽を掃除すると、見慣れない魚がいました。



明らかにクロメダカと違う大きさ(5cm)、違う模様(一本線あり)、違う形です。
いつからいたのか、どこから来たのか、クラスの保育者も知りません。

この魚が一体何の魚なのか調べてみると・・・。



タモロコという淡水魚のようです。

いただいたクロメダカは池にいたのですが、きっとそこに住んでいて、まだ小さいうちにクロメダカと一緒にこども園にやってきたのだと思います。
今はタモロコだけの水槽を用意しました。

クロメダカの中にある日突然違う種類の魚がいた『不思議なこと』でした。
22:05
2019/05/14

お知らせ。

| by 神津こども園職員
つぶやきのページを1件更新しています。ご覧ください。
13:20
12345